NetSPD

SaaS/クラウド方式医療器材SPD管理システム

NetSPD®

従来のシステムはコストと手間が掛かり過ぎました。

システムは所有するよりサービスを利用する時代へ

SaaS/クラウド用に根本から再設計

NetSPDの最大の特徴はSaaS/クラウド方式と言えます。

しかし、単に従来のスタンドアロン型、クライアント/サーバ型の設計のままSaaS/クラウドにしたものではありません (一般には従来の設計のままSaaS/クラウド方式にしたものが多いように見受けられます。)

インターネットの利便性をフルに活用し病院殿、販売会社殿双方に最高レベルのメリットが得られるよう、発想を根本から変えて設計したものです。

詳細な特徴はこちら

高い業務継続性を実現するサーバ基盤

SPD業務は止まると大きな支障が出るのでサーバの二重化やサイトの二重化は必須と言えますが、クライアント/サーバ方式のシステムを採用して自社、自病院内で実現するのはなかなか困難です。

NetSPDは商用データセンター内でサーバを多重化し、さらにサイトの二重を図って業務継続性を高めています。

詳細な特徴はこちら

院外SPDなのに院内SPD以上?

販売会社殿が直接各診療科の棚に物品を納入する院外SPD方式であれば、病院殿の手間は極限まで削減できます。

さらに消費時売上にすれば病院殿としては在庫負担も不要です。 (院外SPD方式で公的病院、大規模病院殿に求められる複数販売会社にも対応可能な機能もあります)

しかも院内SPD以上に必要な情報をリアルタイムで得られ、各部署で共有できる。

そのような病院殿にとって利便性が高いシステムでありながら販売会社殿側も業務の効率化や業務品質の向上が図れ、しかもシステムの維持管理業務も不要で病院殿への展開も素早く可能

そのようなこともNetSPDなら簡単に実現できます。

また、従来のシール回収型の院外SPDの場合請求明細の元になる消費の入力は販売会社殿で行われるのに対し、NetSPDは院外SPDの場合でも消費入力は院内でオンライン入力することができるので、病院サイドからの消費明細や請求書に対する安心感、信頼感を高めることができます

詳細な特徴はこちら